サラバ多汗症!汗のニオイ!もうスメハラとは私は絶対に言わせない

プロフィール

 
 
この度は「多汗症と汗のニオイの悩み解消ブログ」に
 
訪問していただきまして、
 
ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
  
私は、このブログの管理人で、
 
現在アラフィフの「かつし」と申します。
 
 
 good_man
 
 
東京都大田区で生まれ、
 
小学1年まで神奈川県藤沢市で育ち、
 
その後、社会人になるまで神奈川県相模原市という土地で育ちました。
 
 
 
現在は相模原市の隣にある町田市に住んでおります。
 
 
 
 
 
家族構成は私の父(66才)と母(66才)、妻(46才)、息子(13才)の5人家族です。
 
 
あっ、忘れてました!
 
 
 
 
ペットに雄のダックスフンド(名前:タロウ)と
 
セキセイインコ(Pちゃん)がいます。(^^)
 
 
     
 ドライブ  セキセイインコ_画像
 
 
 
 
 
 
 
趣味はサイクリングで、35歳くらいまでMTBのレースをやっていました。
 
 
 
 c2c90dbbbe98bf1a6d4ca0857626d5d0_s
 
 
 
 
 
 
 
仕事は部品加工会社の営業をやっていますが、
 
小さな会社なので納品も自分でやる事になります。
 
 
 
 
 
 
 
重さ10~20キロぐらいの金属の部品を手積みで車やトラックに載せ、
 
毎日運んでいるので、
 
年中、汗や油まみれになって働いています
 
 
 
 
 
 
 
 
作業着と安全靴を履いての営業になりますので、
 
ガテン系営業マンといったところでしょうか。(^^;
 
 
 
 
 
 
 
 
子供の頃から汗っかきで、今の年齢になっても
 
冬だというのにワキや背中にしょっちゅう汗を掻いてます
 
 
汗を掻く男性_イラスト
 
 
 
下着のワキや背中はいつも汗染みができてしまい、
 
ワキの部分などは数か月も着ていると、
 
黄ばんでしまう程です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特に梅雨時や真夏などは最悪で、
 
下着がびしょびしょになるぐらい汗を掻きますので、
 
汗が作業着に移って、外からも汗染みが分かる状態になってしまいます
 
 
 
 
 
 
 
 
だから、夏場は下着の着替えが必須です。
 
 
 
 
 
 
 
でも、仕事が忙しい時は着替えを持ってても
 
着替えられない日がよくあります。
 
 
 
 
 
 
 
なので、
 
汗や体臭のニオイには非常に敏感で、
 
いつも自分がニオっていないか、
 
心配でしょうがありませんでした
 
 
 
 
 
 
 
 
子供の頃は汗を掻いても全く気にならなかったのですが、
 
思春期を越えた当たりから気になり始め、
 
 
 
 
 
 
 
 
異性を意識するようになった高校生になってからは、
 
市販の制汗消臭スプレーをかけるようになりました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、大学生となった私は、
 
自分の汗のニオイがきっかけで、
 
人生で初めての恥ずかしい経験をする事になるのです・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それはまだ、私が大学生だった頃の話です。
 
 
 
 
 
 
 
 
アルバイト先で知り合った女の子と仲良くなり、
 
初めてのデートでディズニーランドに行くことになりました。
 
 
 
 
 
 
 
初デートの当日、梅雨入り前だったということもあって、
 
朝から小雨がパラついていて、
 
湿度が高く少し肌寒い感じの天気でした。
 
 
 
 
 
 
 
出掛ける前、着ていく服の選択に頭を悩ませましたが、
 
小雨が降っているという事もあり、
 
半袖Tシャツ の上に防水が効果がある薄いウィンドブレーカーを
 
羽織っていく事にしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
髪型をしっかり整え、歯磨きとマウスウオッシュをし、
 
脇や首や背中にデオドラントスプレーをいつもより入念にかけ、
 
バッチリ身支度を済ませて家を出ました。
 
 
 
 
 1b646d98b3afe130deb483c05f405e84_s
 
 
 
待ち合わせの駅の改札で彼女と落ち合い
 
一路電車で夢の国ディズニーランドへ。
 
 
 
 
 
 
 
 
もう人生初のデートだったので緊張しまくりでしたが、
 
最高に幸せな瞬間でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
すると、今度は天気の方が私の味方に。
 
 
 
524dcd096e99bee70374999681cd00b6_s
 
 
 
 
お昼ぐらいから小雨がやみ、晴れてきたのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
「ラッキー、これでもっとデートが楽しめるゾ♡」
 
と、その時は自分の幸運を素直に喜んでいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、予想に反して気温はどんどんと上昇していき、
 
超蒸し暑い天気へと様変わりしていきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すると!
 
私の体全体から大量の汗が噴出し始めたのです
 
 
 
 汗だくハプニング
 
 
 
 
着ていたTシャツは大量の汗で
 
ビタビタの状態になってしまいました。
 
 
 
 
 
よくサッカー選手とかが試合終盤になると、
 
ユニフォームが汗で濡れていますよね?
 
 
あれです。
 
 
 
 
 
 
 
 
だから、
 
体が熱くても、羽織っていたウィンドブレーカーを、
 
脱ぐに脱げなくなってしまったのです。
 
 
 
 
 
 
 
防水効果が高い服って、凄く蒸れるので、
 
服の中はまさにサウナ状態でした。
 
 
 
 091074
 
 
 
 
すると、
 
今度は体から強烈に不快な刺激臭が!
 
鼻にツ~ンとくるお酢のようなニオイです。
 
 
 
 
 
 
 
 
「えっ! 何このニオイ!! 臭すぎだよ!!!」
 
 
 
 
「朝、消臭スプレーをたっぷりかけてきたのに何で?
 
 
 
 
「隣に彼女がいるのにどうすんだよ~」
 
 
 
 
 
 
と、心の中はパニック状態でした
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は、蒸し暑さと、
 
自分の強烈なニオイと、
 
極限の緊張状態で、
 
気持ちが悪くなってしまいました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その時はまだ、
 
私の強烈な汗のニオイは、
 
隣にいた彼女には気づかれていませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
がっ、
 
それは時間の問題でした・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私の様子がおかしい事に彼女が気付き、
 
「何か元気ないけど、どうしたの?」
 
と、身を寄せてきたのです。
 
 
 
 
 
 
汗だくハプニング_2
 
 
 
 
 
 その瞬間!
 
 
 
 
 
空気が凍り付きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「えっ・・・。」という言葉とともに、
 
彼女は鼻に手を当て、
 
2、3歩あとずさりしていきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あ~~~~~~~~~~~~~~~~~!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私の心は崩壊寸前です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彼女は無言のまま、
 
うつむいて立ち尽くしていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さっきまでの天国のような楽しかった二人の時間は、
 
地獄の時間へと一変してしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今となってはあまりハッキリ覚えていないのですが、
 
(忘れてしまいたい自分の黒歴史だったので)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時間にして数分だったと思いますが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私には何時間もの時間に感じたのだけは
 
今でも覚えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は突然訪れたこの最悪な状況にどうしていいか分からなくなり、
 
「もう帰ろっか・・・」という言葉を発するだけで精一杯でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
待ち合わせをした駅まで彼女を送らず。
 
JR舞浜駅でそのまま彼女と別れました・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それから数日後、私はそのバイト先を辞めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今だからこそ普通に語れますが、
 
当時は深く傷つき、
 
大学時代は女性に対し、ひどく臆病になってしまい、
 
声など掛けられなくなってしまいました。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、
 
私の「ニオイのトラブル」はこれだけに終わりませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更なる事件に見舞われる事になるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それは冒頭でお伝えした仕事の最中に起きました。
 
 
 
 
 655d2b74d93c38b12fdad1d8a1bb8aa0_s
 
 
 
 
その日は真夏の日差しが強い日で、
 
前日の夕立のせいか、朝からすごく蒸し暑い日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝から仕事に追われ最後の取引先に訪問した時の事です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
汗っかきの私は、いつも下着を持ち歩いていて、
 
下着が汗でビタビタになったら、すぐ下着を取り換えるという事が、
 
真夏の時期の日課となっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、
 
その日は仕事に追われ着替えをせずに、
 
そのままやり過ごしてました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後の納品が終わり、車に戻ろうとしたとき、
 
訪問先の別担当の方に呼び止められ、
 
急遽仕事の打ち合わせをすることになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもでしたら、
 
立ちながらカウンター越しで打ち合わせを済ませるので、
 
自分の汗臭さも全く気にしていませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、
 
その日は、お客さんの事務所の応接室ですることになったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その応接室は事務所とは別の部屋にあるので、
 
狭く密閉された空間でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「これヤバくないか?」
 
 
 
 
「俺、今、めっちゃ臭いんだけど!」
 
 
 
 
過去のトラウマが呼び起こされたのか、
 
心はパニックでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の汗のニオイや体臭が気になって生きた心地がしません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
早くこの状況から脱出したい気持ちで一杯でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、その気持ちとは裏腹に打ち合わせは長引きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
担当者は私と同年齢の男性でしたので、
 
それだけが唯一の救いでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな時、客先の担当者が、
 
「あっ!ちょっと待っててくれる?資料が足りないから今取ってくる」
 
と行って部屋を出ていきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ふ~、これで一息つける」
 
 
と、緊張が解けた瞬間、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「トントン」とドアの音が。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、ドアの扉が開き、
 
若い女性の事務員さんが、
 
冷たい飲み物を持って、応接室に入ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「うわ、ヤバすぎでしょうこの状況は・・・。」
 
と、心の中でつぶやきました。
 
 
 
   292100
 
 
しかも、先程より私の緊張度は増し、
 
ワキの下から更に汗が大量に出てきました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更に追い打ちをかけるように、
 
つーッと二の腕まで伝ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「やばいっ!手首まで伝ってきた。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「そんな丁寧に飲み物を置かなくていいから早く出てってくれよ」
 
と、思わず口から出そうになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな緊張感の中、ふと女性のほうに目をやった瞬間です。
 
 
 
 70f1a6552415138c09a5ed25d6606f4f_s
 
 
 
 
女性が一瞬「ウッ」とういう小さい声を発して、
 
顔を背けた仕草を私は見逃しませんでした・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうその場所にいることが、いたたまれなくなり、
 
恥ずかしい気持ちやら、
 
申し訳ない気持ちやらで・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「す、すいません・・・」と声を振り絞って誤りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女性は何も言わず、
 
飲み物を置いたあと、
 
逃げるように部屋を去って行きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
その時のことは、自分の脳裏に鮮明に焼き付けられ、
 
事あるごとに思い出してしまう程ショックな出来事でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2680158f43e13171416f8cad1cad56fb_s
 
 
ニオイに関するトラブルって、
 
自分にまったく悪気がなくても
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人に不快な思いをさせてしまったり、
 
自分がものすごく傷ついてしまったりします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近では「スメハラ」なんて言葉もあるくらいで、
 
体質だからだなんて言い訳すら、
 
許されない世の中になってきています。
 
 
 
 
 
※「スメハラ」とは「スメルハラスメント」の略語で、
 
 ニオイによって他人を不快な思いにさせることを意味します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「汗」や「体臭」の悩みは老若男女問わず
 
多くの人が抱えている問題です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
加齢臭などは年齢を重ねれば、男性に限らず女性にもあることです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これらの恥ずかしすぎる経験から、
 
自らの「汗掻き体質」や「体臭」を克服するための方法
 
片っ端からネットや図書館などで探しまくりました。
 
 
脇にスプレー
 
 
 
様々な「市販の制汗剤」や「消臭グッズ」、
 
体臭を抑える方法」や「食べ物」などを自分で試し、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自らの「汗掻き体質」や「体臭」をコントロールする事ができるようになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ですので、
 
私と同じ悩みを抱えている人達に、
 
私がいろいろ探して得た知識や経験をシェアしていきたいと思い
 
このサイトを立ち上げました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分のニオイに自覚症状がない方(特に女性に多いと言われている)
 
自分の周りに「多汗症」や「体臭」で困っている人がいる方にも
 
 
 
 
 
 
 
 
体臭コントロールに興味を持ってもらうための
 
コンテンツ作りを心がけていきますので、
 
皆様のお役にお立てください。
 
 
146032
 
 
この世の中から体臭による人間関係の差別をなくしていくために、
 
少しでも自分の知識がお役に立てたらなんて思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
「かつし」でした。
 
 

プロフィール

 good_man


ブログの管理人「かつし」と申します。



「ニオイのトラブル」と戦って数十年。


私と同じ悩みを抱えている人達に、

私がいろいろ探して得た知識や経験を

シェアしていきたいと思い

このサイトを立ち上げました。



この世の中から体臭による

人間関係の差別をなくしていくことをモットーに 

日々ニオイの研究をしております。




>>かつしのプロフィールはコチラ<<



応援クリックよろしくお願いします!

おかげさまで両ブログランキングで1位になりました!



ブログランキング・にほんブログ村へ



良いサイトだと思ったらクリックしてもらえると幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ


にほんブログ村
RETURN TOP