サラバ多汗症!汗のニオイ!もうスメハラとは私は絶対に言わせない

【汗を止める前に】汗(発汗)について詳しく知っておこう!

この記事は5分で読めます

汗を掻く男性2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汗の悩みを抱えている方は大勢いらっしゃると思いますが、

でも、汗について詳しく理解されている方は、

あまり多くはないのではないでしょうか?

 

 

なんて、こんな偉そうな事を言っていますが、

つい最近まで私も詳しい事は知りませんでした(^^;

 

 

これは私の自身の話なのですが、

若い頃は脇汗の量がめっちゃ凄くて、

Yシャツの脇の部分にはいつも汗ジミが出来ていました。

 

 

ところが、40代を過ぎたあたりから、

今度は頭のてっぺんや後頭部からの汗がめっちゃ多くなりました。

(脇汗ケアをやっている代償性発汗のせいかもしれませんが。)

 

 

加齢とともにいまだ健在?なのは足裏の汗ぐらいでしょうか^^;

 

 

汗に悩まされる体の部位って年齢で変わってくるものなんですね。

 

 

まあ、このような私のかれいな汗の事情も相まって、

今まで色々な体の部位から出る汗について経験してきました。

 

 

という事で、今回は「汗」についての詳しい情報について

シェアさせて頂きたいと思います。

 

 

それでは、始めていきます!

レッツゴー!(死語)

 

 

嫌われがちな汗だけど、実は超重要なんです!

 

多汗症で悩む女性2

 

 

運動した時に出るはすごく爽快に感じますけど、

日常生活におけるはとかく嫌われがちな存在です。

 

 

汗っかきな私としては、「」は大っ嫌いです!

 

 

特に会社や学校など、多くの人間と接する機会がある場所の汗って、

すごく気になりますし、

 

 

通勤や通学などで利用する電車の中やエレベーターの中など、

大勢の人が密閉された空間にいるときなどは、

自分の汗や体臭が非常に気になって仕方がありません

 

 

皆さんの中にもそう感じている方が多いのではないでしょうか?

 

 

そうならない為にも「汗」の事を知ることはとても大事なことです。

敵(汗)の事を知らないと、どうにも対処のしようがありませんから。

 

 

発汗は大きく分けて3つに分類される

 

 

発汗は大きく分けて3つに分類されます。

 

 

1.温熱性発汗

 

2.味覚性発汗

 

3.精神的発汗

 

 

温熱性発汗について詳しく解説!

 

汗を掻女性_顔・頭から

 

 

運動した時や外気の温度が上昇し、

それによって体温が上昇した時の発汗が、

温熱性発汗です。

 

 

具体的な汗が出る仕組みを説明しますと、

以下のようになります。

 

 

体温が上昇する

表皮にある知覚神経の受容体が体温の上昇を感知する

脳に体温の上昇が伝達される

脳から発汗指令が出る

自律神経(交感神経)を経由して、表皮にある汗腺に発汗指令情報が伝わる

汗が出る(エクリン汗腺から汗が出る)

汗の水分が蒸発した気化熱によって表皮の熱が奪われる

体温が下がる

 

 

というような体の仕組み(体温調節機能)によって発汗が促されます。

 

 

体の細胞や器官がもっと活動が効率的に行われる温度、

35.5~36.5℃を保つように機能しているのです。

 

 

特に脳が熱を持ってしまうと、脳の働きが著しく落ちますので、

体の制御が正常に行われなくなってしまう危険性があり、

 

 

温熱性発汗は生命維持のための機能と言っても過言ではありません。

 

 

体温が40℃以上の状態が続くと、人間が生命を維持していく上で、

非常に危険な状態であると言われています。

 

 

だから、かぜなどで発熱した場合、まず頭を冷やすのです。

 

 

皆さんもご存じだと思いますが、体温の上昇を放置した場合、

脳に重いダメージを負う事もありますし、

最悪のケースだと死に至る事もあるのです。

 

 

ですので、

温熱性発汗は人間の体には無くてはならない機能なのです。

 

 

だから、汗を毛嫌いするあまり、

薬で全て汗を止めてしまうというのは、非常に危険な行為であると言えます。

くれぐれも自身の体を良く知った上でご使用されるようにして下さいね。

 

 

あと、汗を掻くのが嫌だからと言う理由で、

水分補給を行わないのも大変危険です

 

 

夏場に熱中症によって亡くなられている人も

多くいらっしゃいますので、くれぐれもご注意下さい。

 

 

味覚性発汗について詳しく解説!

 

辛いもの食べると汗が出る

 

 

辛い物を食べると、汗が大量に出ますよね?

それが、味覚性発汗と呼ばれる発汗です。

 

 

私は辛いものには目がなくて、

ついつい色々な料理や食材に唐辛子をかけて食べてしまいます。

 

 

なんか辛い刺激がないと味が物足りないんですよね。

 

 

なので大汗を掻くのが分かっていても自分の衝動を抑えられず

つい唐辛子をかけてしまいます(^^;

 

 

私の場合の汗が出る場所は、額や鼻の頭と言った顔の部分より、

頭のてっぺんや後頭部にどっちゃり大汗を掻いてしまいます。

 

 

だから外食する時などはハンドタオルが必需品となっております。

 

 

この味覚性発汗は、病気とかではなく体の自然な反応です。

ですので、辛いものに限らず食べるだけで汗が出る人も多いと思います。

 

 

ただあまりにたくさんの汗を掻いたり、

長い時間、汗が止まらない症状が続く方は、

病院に行ってお医者さんに相談することをお勧めします。

 

 

ある統計によると、

 

酸味 > 苦味 > 辛味 > 塩味 > 甘味

 

の順番で自律神経が強く反応して、

汗がより多く出たというデーターがあります。

 

 

ただ、全く反応しない味覚があるという人もいらっしゃるようですので、

あくまで目安的なデーターと捉えた方がいいと思います。

 

 

皆さんはどの味覚に一番反応して、汗が出てしまいますか?

私はやはり辛み一番反応して、汗がたくさん出てしまいます。

 

 

でも甘いもの食べても汗が出てしまう人もいるんですね~。

 

 

私はそのような味覚性発汗のパターンがないので、

凄く不思議に思ってしまうのですが、

多分血流が良くなって汗が出てしまうのだと思います。

 

 

あ、でも酸味については少し分かる気がします。

 

 

酸っぱいものを食べたり、食べることを想像すると、

唾液が出たり、舌やあごのエラの部分がジーンとなって、

しびれて縮こまるような強い感覚を感じますので。

 

 

その縮こまった時に汗がどっと出たことを思い出します。

ただ普通の酸っぱさじゃそんな状態にはなりませんけど、

お酢をそのまま飲むぐらいの酸っぱさなら汗がたくさん出てしまいそうですね。

 

 

あ~~~、想像してたら口の中がジーンとしてきました(^^;

 

 

そうなんです!

実はこの味覚性発汗は、

この後で紹介する精神性発汗と、とても関係が深いんです。

 

 

例え食べていなくても過去の味覚の経験があるだけで、

体が勝手に反応してしまって、汗がたくさん出てしまったりするのです。

 

 

ですので、味覚性発汗精神性発汗が合わさると余計に汗が出てしまいますので、

皆さんもこういう体の反応で、汗がたくさん出るという事を覚えておかれると、

汗と上手く付き合っていけると思いますよ。

 

 

精神性発汗を抑える上で気持ちの持ちようが、

すごく大切になってきますので^^

 

 

精神性発汗について解説!

 

精神性発汗

 

ある意味、この精神性発汗が一番厄介な発汗かも知れません。

 

 

なぜなら、多汗症で悩んでいる方はこの発汗によって、

一番悩まされていると言っても過言ではないからです。

 

 

この精神性発汗が起こる原因として、

緊張や精神ストレスが強く関わっています。

 

 

だから、ひとたび精神性発汗が起こってしまうと、

余計に気持ちが焦ってしまったり、ストレスを感じてしまったりして、

ますます大量に汗が出てしまうからです。

 

 

精神性発汗は人間が猿から進化してきた時から持っている生体反応で、

危険を察知した時に手や足に素早く発汗が促されて、

滑りにくくなって、より危険から逃げやすい体の状態を作る為の機能なんです。

 

 

ただ都会に生きる現代人においては、

ジャングルに住んでいた猿の時代とは違って、

そのような生命の危険が起こることはほとんどありませんので、

ありがた迷惑な体の機能だと言えます。

 

 

この精神性発汗を抑えるには、

まずは緊張やストレスを感じている状況から脱するしかありません。

 

 

ですので、この精神性発汗が起こる体の仕組みをよく理解した上で、

とにかく自分の精神状態を落ち着けるように訓練して、

精神をコントロールする術を身に付けるしかないのです。

 

 

汗は体の自然な反応と割り切って考える事も大切です。

 

 

また、心に余裕が持てるように汗対策をする事も重要だと言えますので、

当サイトの他の記事にも目を通していただけると、

きっとあなたのお役に立てる事だと思います。

 

 

あなたが汗に怯える事のない生活を手に入れられる事を願つつ。

 

 

以上、発汗についての情報でした。

 

 

By かつし

 

 



私が実際に一ヶ月間飲んで本当に汗が変化してしまった驚きの体験記



ベタベタしていた汗がサラサラになって、汗のニオイも消えた!?

詳しくは以下の画像をクリックしてね
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




多汗症 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 汗臭いと体臭に鼻をつまむ男性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

 good_man


ブログの管理人「かつし」と申します。



「ニオイのトラブル」と戦って数十年。


私と同じ悩みを抱えている人達に、

私がいろいろ探して得た知識や経験を

シェアしていきたいと思い

このサイトを立ち上げました。



この世の中から体臭による

人間関係の差別をなくしていくことをモットーに 

日々ニオイの研究をしております。




>>かつしのプロフィールはコチラ<<



応援クリックよろしくお願いします!

おかげさまで両ブログランキングで1位になりました!



ブログランキング・にほんブログ村へ



良いサイトだと思ったらクリックしてもらえると幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ


にほんブログ村
RETURN TOP