サラバ多汗症!汗のニオイ!もうスメハラとは私は絶対に言わせない

多汗症で頭部・顔(額)から滝汗が出る原因と病院での治療方法について

この記事は4分で読めます

汗を掻女性_顔・頭から

 

 

多汗症や汗っかき体質を持っている人に、

体のどの部分から一番汗が出るのかアンケートを取ってみると、

 

 

頭部・顔(額を含む)からの汗が一番多い

って、皆さんは知ってましたか?

 

 

ちなみに、2位は脇の下で、3位が胸からの汗となっています。

 

 

私も以前は脇汗が一番多かったんですが、

塩化アルミニウムが入っている制汗消臭剤を使い始めてからは、

頭(額も含む)、首回りからの汗の量が一番多いと感じています。

(ちなみにコチラの商品です。ワキガ対策とありますが汗を止める効果があります。)

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

 

 

仕事で重い荷物を運んだ時や動き回っている時などは、

滝のような汗が出ますので髪の毛や額や首回りが汗でビショビショになります。

 

 

 

また仕事中に誰かに呼び止められた時などは、

汗のことを気にするあまり余計に汗が出たりして

自分の汗掻き体質(多汗症)をとても疎ましく思っていました。

 

 

もちろんタオルは一年中手放せない状態でしたし、

下着のシャツも昼休みや外出したときに変えたりしていました。

 

 

そんな私の汗掻き体質の話はさておき、

 

 

頭や顔から出る汗って、いかにも暑苦しいイメージがありますし、

女性の方でしたら髪型やお化粧が崩れたりしますので、

本当に悩ましい事だと思います。

 

 

そこで、今回は頭部や顔から出る滝のような汗の症状、

頭部多汗症顔面多汗症についての情報を色々調べましたので、

皆さんのお役に少しでも立てればと思い、ご紹介させて頂きます。

 

 

頭部多汗症と顔面多汗症の原因って何?

 

頭部多汗症と顔面多汗症についての疑問点

 

 

頭部多汗症と顔面多汗症の原因で、

自律神経(交感神経)の失調が一番多いと言われています。

 

 

過度に精神的ストレスを感じたり、肉体的な疲労が溜まったりすると、

交感神経が過敏になり、大量の発汗をもたらす事が要因です。

 

 

ですので、そんな状態になってしまうと、

大量に汗が出る事がさらに精神的なストレスを生む事になり、

滝のような汗が止まらない状態になってしまうのです。

 

 

汗を抑えようと思えば思う程、止まらないあの感覚。

頭の中がパニック状態でどうしようも出来ませんよね。

 

 

まさに汗の無限ループ状態、汗の負のスパイラルです。

 

 

だから、人によっては外出したり、人と会う事に恐怖に感じて、

最悪は家に引きこもってしまう場合もあると聞きます。

 

 

多汗症の症状を抱えていない人には、到底分かってもらえないこの悩み。

それだけ多汗症は根深い心の病をはらんでいる問題です。

 

 

すいません、ちょっと感情的になってしまいました。

 

 

話をもとに戻します。

 

 

多汗症の原因としては、遺伝による原因もあると言われてます。

両親が多汗症だった場合、子供が多汗症になってしまうケースが良くあります。

 

 

また、ある日突然、多汗症になるケースもあります

そのような場合は他の病気や疾患が原因である可能性が高いので、

すぐにお医者さんに相談するようにして下さい。

 

 

女性の場合、更年期障害からくる多汗症の症状も考えられますので、

必ずお医者さんに診察してもらうことをお勧めします。

 

 

 

頭部多汗症と顔面多汗症の医療機関での診療方法について

 

頭部多汗症と顔面多汗症の診療内容

 

それでは続いて、頭部多汗症と顔面多汗症が医療機関では、

どのような診療が行われるかについての情報をご紹介します。

 

 

医療機関によって細かい違いがあるので、

ここでは多汗症治療のガイドラインを例に説明します。

 

 

頭部多汗症と顔面多汗症の治療のガイドラインは、

以下のようになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

多汗症ガイドライン_頭部顔面_画像

引用元:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 www.jstage.jst.go.jp

 

 

まず始めに、

①塩化アルミニウム液の単純外用 ※参考記事

 内服療法(プロバンサインの服用) ※参考記事

が行われ、

 

 

効果がなかった場合に、

②BT-A局注 (ボトックスの局部注射) ※参考記事

になり、

 

 

それでも効果がなかった場合、最後に、

③交感神経遮断術(ETS) ※参考記事

を行うという順番になります。

 

 

その他に脚注に記載されている併用療法として、

神経ブロック,レーザー療法,精神(心理)療法

を行ってもよいと記載されています。

 

 

ガイドラインの治療アルゴリズムの順番では

上記のようになっていますが、

 

 

ガイドラインを読んでみると、

①の「塩化アルミニウム液の単純外用」がメインの治療方法

となっているようです。

 

 

考えてみますと、

同じく①の治療方法の内服療法(プロバンサインの服用)や、

②のBT-A局注(ボトックスの局部注射)は対処的な治療方法ですし、

 

 

③の交感神経遮断術(ETS)に関しては、

T2領域の遮断(より交感神経の上の部分)が必要なため、

代償性発汗が必ず起きると書いてありますので、

 

 

患者さんがそれを強く要望しない限りは、

治療方法として用いられる事はないと思います。

 

 

私見になりますが、

もしこの方法を強く勧めてくる医療機関があるとしたなら、

私はその医療機関での治療はやめた方がいいと思います。

 

 

かなりリスクが高い治療法と言いますか、

何でこの治療方法をガイドラインに載せているのか、

不思議でしょうがありません。

 

頭部多汗症と顔面多汗症の医療機関での診療方法のまとめ

 

アセッパーレビュー_中間まとめ

 

 

1.「塩化アルミニウム液外用」はお勧めの方法である。

 

  肌が弱い方は肌荒れを起こす可能性がありますので注意が必要です。

  医療機関で治療するなら適切な対応をしてくれると思いますので、

  心配はないと思いますが。

 

 

2.内服療法、BT-A局注(ボトックスの局部注射)はその場しのぎの治療方法である。

 

  上記の方法で汗を止めつつ、塩化アルミニウム液外用を行うという

  位置付けで考えるべきだと私は考えます。

  安易にボトックス治療を勧めてくる医療機関には注意が必要ですので、

  お気を付けください。

 

 

3.交感神経遮断術(ETS)はリスクが高すぎるのでお勧めできない。

 

  たとえ上記の方法で汗が止まったとしても、

  他の体の部位から大量の汗(代償性発汗)が起きますので、

  私はお勧めしません。

 

 

4.薬物による神経ブロックもお勧め出来ない。

 

  交感神経の末端部と汗腺の受容体の間に薬物を注射して、

  汗を止める治療方法だが、3の方法と同じく副作用として

  代償性発汗が30~90%起きているという話なので、お勧め出来ません。

 

 

5.精神(心理)療法は別の注意が必要!

 

  頭部多汗症や顔面多汗症は精神的な要因が多いので、

  人によってはかなり有効に働くと思われる治療方法ですが、

 

  精神科への通院記録が、金融機関や会社に知られると不利益を被るケースがある

  ことを頭に入れておく必要があります。

 

 

6.レーザー療法(スーパーライザー)は副作用が起こらないのでお勧めの治療方法!

 

  レーザー治療と聞くと、何か物々しい感じがしますが、

  簡単に説明しますと、近赤外線を使って胸部交感神経の星状神経節を温めて、

  交感神経の緊張状態を緩和させる治療方法になります。

 

  つまり、温めて治す方法であり、副作用が起こらない治療方法ですので、

  お勧めの治療方法と言えます。

  

  ただし、有効とされるのは精神的発汗の多汗症の場合のみですので、

  ご注意ください。

 

  

  多汗症を病院で治療される場合、このような治療方法がある事を、

  覚えておくと治療方法の選択肢が広がりますし、

  病院を探される時の目安にもなります。  

 

 

以上、

「多汗症で頭部・顔(額)から大量の汗が出る原因と病院での治療方法について」

でした。

 

 

by かつし

 



私が実際に一ヶ月間飲んで本当に汗が変化してしまった驚きの体験記



ベタベタしていた汗がサラサラになって、汗のニオイも消えた!?

詳しくは以下の画像をクリックしてね
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




多汗症 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 病院とお医者さん_3
  2. 多汗症手術に失敗して絶望する女性
  3. プロバンサイン画像2
  4. ワキ汗_病院の中刷り広告2
  5. 脇汗ケアをする女性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

 good_man


ブログの管理人「かつし」と申します。



「ニオイのトラブル」と戦って数十年。


私と同じ悩みを抱えている人達に、

私がいろいろ探して得た知識や経験を

シェアしていきたいと思い

このサイトを立ち上げました。



この世の中から体臭による

人間関係の差別をなくしていくことをモットーに 

日々ニオイの研究をしております。




>>かつしのプロフィールはコチラ<<



応援クリックよろしくお願いします!

おかげさまで両ブログランキングで1位になりました!



ブログランキング・にほんブログ村へ



良いサイトだと思ったらクリックしてもらえると幸いです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ


にほんブログ村
RETURN TOP